12月の「La Bonne Chere」。

12月料理教室

「La Bonne Chere」今年最後の12月のレッスンが全て終了しました。

 

 

12月といえばクリスマスですが、今月テーブル上にあえて赤は使わず、クロスが淡いブルー、

お花は白とグリーン、ナプキン類でシルバーを使いました。

 

私の中では、「クリスマス」と聞くと、イエス・キリスト→教会→結婚式のように連想されて

(強引かな・・・)、この様な雰囲気になります。

全体的に清潔感があって、でも少しだけ特別感のある、落ち着いたイメージになればいいなぁと

考えていましたが、赤や緑の原色を使わないテーブルは「新鮮!」、「大人の雰囲気!」

など喜んでいただけました。

 

私にとって白とグリーンのみのお花は、一番の贅沢を感じるものです。

 

今月は1クラスの人数を6名までにさせていただき、通常2種のワインをお出ししているところを

スパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン、また最後のデザート代わりには甘口ワインとチーズを

ご用意させていただきました。

 

12月ワイン

 

甘口ワインは、教室で取り扱ったのは初めてだったので好評でした!

 

スパークリングはフランス・アルザス地方のクレマンをご用意しましたが、テーブル上に

赤が入っていない分、このワインのラベルが引き立ったようでした。

 

 

さて、今年のレッスンはこれで終了となります。

 

2012年、様々な料理とそれに合わせたワインをご紹介させてただき、

料理だけではない、ワインだけでもない、「料理とワインを楽しむ」ということを

少しづつですがお伝えしてきました。

 

この教室は、皆さんの反応がダイレクトに感じられる場です。

 

目の前で聞く「おいしいです!」というその一言は、私にとっては他では得られない幸せです。

 

また、

「家でのワインの楽しみ方が変わりました」

「料理とワインを合わせるということが少しづつ分かってきました」

 

などとも言っていただき、この「料理とワインを楽しむ」というテーマをやっていて本当によかった

と思います。

 エスニックや和食、中華をテーマにした月は、どんなワインが相性がいいかというお話に

皆さんとても興味を持ってくださり、楽しんでいただきました。

 

来年もまた、様々な料理とワインの楽しさをお伝えできるよう、頑張って行きたいと思います。

 

今年1年ご参加くださった全ての皆様に心から感謝致します。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 


Leave a Reply