クアラルンプールでの買い物について。

こちらでの写真もだいぶ増えてきたので、クアラルンプールでの食生活について少しづつ書いていきたいと思います!

 

外食文化のマレーシアですが、今日は日々の食材の買い物について書いていきます。

 

マレーシアって一体どういうものがどんな風に売られているのでしょうか?

・・・という部分です。

 

2ヶ月ほど様々なお店をまわってみた感想ですが、想像していた以上に食材はとても充実しています。

 

クアラルンプールには外資系のスーパーに加え、伊勢丹やイオンなど日系のスーパーも多く、

また、新鮮な食材が揃う市場もあります。

 

 市場もとても楽しいので、それについてはまた書きたいと思いますが、今日はスーパーマーケットの様子から。

 

 スーパーの様子はどこに行ってもこんな感じで、、、

[flickr id=”10602167515″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

 

とにかく広いです。

慣れるまでは買いたいものを見つけるだけでも苦労します。。

 

広いので大きなカートを引いて大量に買い物をする人が多いのですが、私は身体が小さい方なので、

カートを引くとほとんど子供のようです(笑)。

 

どのスーパーでも、果物と野菜の種類がとても豊富という印象です。

想像していた以上に、こちらでは生野菜をよく食べるので、レタスやセロリ、きゅうり、トマトなど

日本と同じように生で食べられる野菜もたくさん売られています。

ただ、野菜はどれも売られている単位が大きいので(サラダ菜は2〜3玉とか、セロリは5本とか、青梗菜は

5束とか、にんじんは日本の倍ほどある大きさのものが3本とか・・・)、

いわゆるサラダ用にはこういった種類豊富なセットの物も役立ちます。

[flickr id=”10602115535″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

 

 

それから驚いたのは・・・、

 

[flickr id=”10602111425″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

 

どこのスーパーにもこういったオーガニックの野菜が普通に置いてあること!

日本だと、オーガニック系のスーパーでないとこれだけの種類は揃わないですよね。

 

他には肉類、魚類、乳製品、調味料、どれも大きな棚にずらっと並んでいます。

本当に何でも種類が多く、特に調味料に関しては、アジア系、中華系、韓国系、アメリカ系、何でも揃います。

 

また、日本食がやはり人気で、

 

 

[flickr id=”10602362323″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

お寿司は大体どこのスーパーにも並んでいます。

マレーシアの人は赤と緑が好きなようで、日本とネタはやや違いますが(笑)、ひとつひとつ丁寧に

包装されていて、ランチタイムは近くのOLさんたちで混み合います。

 

 

[flickr id=”10602358443″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

他にもテイクアウトの焼き鳥が売っていたり(ここではししゃもも!)、

 

[flickr id=”10602368423″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

納豆をはじめ、日本の冷凍食品や、

 

[flickr id=”10602126234″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

緑茶なども普通に売られています。

 

 

スーパーは全体的にアメリカ的な印象ですが、ここマレーシア独特の特徴がひとつあります。

 

それが、これです。

[flickr id=”10602366363″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”center”]

 

 

マレーシアのスーパーには、 「Non Halal」という売り場が必ずあります。

ここには豚肉やハムやソーセージなどの豚肉を使った製品、そしてアルコール類が売られています。

 

イスラム教が国教であるマレーシア。

そのためマレーの人達は豚肉とアルコールは口にしません。

こうして売り場が分けられていて、レジも別になっていることが多いのです。

もちろんマレーシアには中華系の人やインド系の人、日本人やアメリカ人、イギリス人、その他たくさんの国

の人々が住んでいますので、その人達がこのような「Non Halal」コーナーで豚肉やアルコールを購入します。

 

多民族国家ならでは、の特徴です。

 

マレーシアでは、自分たちの国の宗教がイスラム教だからと言って、同じ国に住む他の民族が豚肉や

アルコールを口にすることを決して否定せず、こうした売り場を設け、きちんと受け入れていることは、

本当に素敵なことだなぁと思います。

自分と違う人をちゃんと認めることができる、そんな温かい気持ちがマレーシアにはあるように思います。

 

この様な環境で過ごしているため、日々の買い物にはあまり不便は感じません。

 

引越したばかりの頃は、日本にいた時と全く同じ味が出せないことに少し落ち込んだりもしましたが、

それは当たり前だと気付き、こちらの食材にあった調理法、ここいるからこそおいしいものが分かってきた

ような気がしています。

 

それが分かり始めると逆に、ここには日本では手に入らない食材や調味料が溢れていることに好奇心が湧き、

今はそれらに挑戦しながら、新しいレシピ作りをしています。

 

自宅のキッチンにもだいぶ慣れてきたので、料理もまた載せていきたいと思います!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※今回の写真はひとつのスーパーではなく、いくつかのスーパーの写真を混ぜて載せています。

 


Leave a Reply