家ごはんで変わったこと。

外食文化のクアラルンプールではありますが、晩ごはんは、相変わらず家でゆっくり食べることが多い

我が家です。

 

日本にいる頃と何か変わったかというと。。。

 

日本で当たり前のように使っていた食材が手に入らないこともあるので、手に入るものでおいしく食べる

工夫をしたり、暑い国での料理のため、火口を使う料理にばかりならないようにしたり(我が家のキッチンは

特に暑い!)、下ごしらえを朝のうちにすませたり、シンクが日本より狭いので鍋やフライパンやバットや

ボウルで山盛りにならないよう器具に気を使ったり・・・。

 

と、まぁ言葉にして見ると、ちょっとしたことなのですが・・・(笑)。

日本でもあれこれ考えながら料理はしていましたが、日本では必要なかったところに気を使うということが、

こちらでの料理には大切なようです。

 

仕事での料理を除けば、私が日本で考えていたことというのは、何が食べたいか(or 何を食べて

もらいたいか)、ということがほとんどだったのかもしれません。

そして、それが普通に作れるという環境は、とても幸せなものだったんだなぁと思います。

 

自分の記憶として、という意味も含め、マレーシアで作った家ご飯も時々残していきたいと思います。

 

とある日はまず、

 

 

鶏つくねの梅肉ソース

 

鶏つくねと大葉の梅肉ソース。

 

鶏肉は市場で挽いてもらったものでムネとももが半分ずつ。

甘めのタレに梅の酸味がきいたソースで。

たっぷりの大葉と食べるのがおいしいのですが、こちらでは大葉が売っているお店が少ないんですね・・・。

私が普段利用するスーパーの中で置いてあるのは1軒だけ、しかも週に1回程度しか入荷されないので、

その入荷時にまとめて買って保存しています。

 

それから、

海老とレンコンのチリサラダ

海老とれんこんのチリサラダ。

 

新鮮なれんこんが手に入ったので、さっと茹でて海老、豚肉、もやしや紫玉ねぎ、スナップエンドウと

合わせたサラダ。

彩りが良くなるので便利なスナップエンドウ、日本では春の野菜ですが、こちらでは1年中手に入ります!

味はヌクマムをベースに干しエビとチリソースをアクセントにしたドレッシングで。

日本では辛味の少ないスイートチリソースの方が馴染みがあるかもしれませんが、私がこちらで使っている

のは辛味の強い、にんにくのきいたチリソース。

インドネシアやシンガポールでもよく目にするソースです。

適度な辛味と香りがあるので、こちらに来てからよく使うようになりました。

 

あとは、ごくごくシンプルに、

 

アスパラ肉巻き

 

グリーンアスパラの豚肉巻き!

 

味は説明するまでもないんですが・・・。

こちらで売っているグリーンアスパラはごく細いものが主流なのですが、この日はとっても立派な

グリーンアスパラに出会えたので迷わず買い、色々考えて、結果シンプルなところに行き着きました(笑)。

 あえて切らずに1本そのままで!

 

・・・と、一見日本で作っていたものと変わらないように見えますが、手に入りづらい食材はうまく

保存したり、逆に手に入りやすいものを頻繁に利用したり、こちらの調味料を使ったりしながら、

でも「家のご飯を家族と楽しむ!」という気持ちだけは変わらず、マレーシアでの料理も楽しんでいます。

 

 

3ヶ月経ち、生活も落ち着いてきたので、ホームページのレシピページなどもまた手を加えたいなぁと

思っているところです。

また、こちらで色々と料理についてお誘いいただく機会も少しづつですが出てきましたので、

それらがかたちになりましたらまたお知らせできればと思います。

 

 


Leave a Reply