海外での出会い。

FAREWELL PARTY

 

 

先日帰国した日本は、梅雨明け後でとても暑かったのですが、クアラルンプールは一番暑い6月を過ぎ、

少し暑さが落ち着いてきました。

1年中暑いイメージのマレーシアですが、朝は比較的涼しく、雨が降った後は気温が下がったりもするので、

暑いとはいえ、日本の猛暑より過ごしやすい気がしています。

 

さて、そんなマレーシアに来てもうすぐ1年。

 

この1年、新しい出会いがたくさんありました。

様々な人が様々な理由で集まるこの国は、とても刺激的ですが、出会いがあればまた別れもあり・・・、

先日は、こちらで知り合い、今月日本に帰国される方のお別れパーティを我が家で開きました。

 

ブログを読んでくれていて、いつも「ナナさんのご飯が食べたいんです!」と言ってもらっていたので、

最後にぜひ!とお呼びしました〜。

(食べたいと言ってもらうとやっぱり作りたくなっちゃうんですよね 笑)

 

一番上の写真がその日のテーブルです。

日本で使っていたものより一回り小さいこのテーブルの使い方にもやっと慣れてきたかな(笑)。

珍しくディジーのようなお花を近くの花屋さんで見つけたのでちょこっと置きました。

花の名前、聞けばよかったな〜。

 

料理はいつもの通り、食べてもらいたいなぁと思ったものをあれこれ取り混ぜて作ってます。

 

 

かぶとスモークサーモンのマリネサラダ。

サーモンとかぶとルッコラのサラダ

 

 これ、レシピ自体はずっと作っているものなんですが、こちらで手に入るかぶは、コールラビのような

西洋かぶがほとんどです。

しかも我が家の近くのお店に売っているのは大きめサイズで生で食べるより加熱したほうがおいしいもの。

この日はたまたま日本のかぶが入荷されていたので、急遽作りました。

 

 

豚肉と長芋の生春巻き。

豚肉とアボカドの生春巻き

 

 生春巻きは大葉とミントを両方入れて巻くのが好きです。

ライスペーパーは、日本で使っていたものと違うのでどうかなぁと思っていましたが、すごくアタリでした。

かなり薄いので、透明感もあるし、もちもちでした!

 

 

ヴィシソワーズとコンソメジュレ。

ヴィシソワーズとコンソメジュレ

 

 冷たく冷やしたヴィシソワーズが大好きで、蒸し暑いマレーシアにはぴったりかなぁと思って作ったのですが

お招きした方も大好きだったようで、すごく喜んでもらえました!

コンソメジュレは今までうつわの下に流してそのまま固めてから上にスープを注ぐことが多かったのですが、

マレーシアの冷蔵庫が小さくて(涙)、このうつわを入れてしまうと他の料理が入らなくなるので、

一気に固めてスプーンで崩したものをスープと一緒に注ぐスタイルにしました。

でも、この方がスープとジュレの味が重なってかえって美味しかった!

 

 

鶏ムネ肉とザーサイの花山椒和え。

鶏肉とザーサイの花山椒風味

 

 ビール好きな方もいたので、ビールに合うものも、と思いこちらを。

花山椒を炒って香りを出してから潰して他の材料と一緒に和えます。

これもとても好評でよかった!

 

それからいつもいつもメインは鍋ごと出しちゃってますが、鶏肉とじゃがいもの柚子風味。

鶏肉とたっぷりじゃがいものスープ煮

 

 鶏肉続きになってますが、上の料理はムネ肉、こちらはもも肉です。

マレーシアは鶏肉文化、鶏肉が本当においしいです。

でも、日本で売られているものに比べると脂肪の処理がほとんどされていないので、それを丁寧に

取り除くことがマレーシアでおいしく鶏肉を食べる秘訣です。

白ワインとスープで煮込んで、最後に柚子の皮を少し。

柚子は日本から持ってきて、皮だけ小分けにして冷凍しています。

 

 

仲良くなった方が、マレーシアを離れていくのは寂しいですが、元々日本から離れた場所で繋がった縁、

きっとこれからも続いていくと思っています!

料理も本当に嬉しそうに食べてもらえて幸せでした♪

 

 

またお会いしましょう!!

 

 


Leave a Reply