「豆皿のある暮らし」

告知が大変遅くなってしまったのですが・・・。

 

9月18日に公私ともにお付き合いのある、フードスタイリスト遠藤文香さんの著書、

「豆皿のある暮らし」が発売になりました!

 

豆皿のある暮らし

 

 

うつわが好きな方なら、必ず手にとってしまう豆皿(もちろん私も・・・)!

この本は、そんな豆皿をセンスよく、それでいてすぐに実践できそうなアレンジやコーディネートなどを

文香さんが紹介しています。

 

私は今回こちらの本の中の、うつわに盛り付けられている料理の一部を作らせていただきました。

撮影中はキッチンにいる時間ががほとんどでしたが、現場はもちろん大量の豆皿に囲まれていたので、

料理しながら目移りして仕方ありませんでした・・・(笑)。

 

さてさて、素敵な本の中身を少しですがご紹介します!

 

今回の撮影で見ていて、使い勝手がいいなぁと思ったのが、、、

 

このページや、

アルミ豆皿1

 

 

 

このページの奥(ちょっと見えづらいですがグリーンが入っている豆皿です)にも使われているアルミ製の豆皿。

アルミ豆皿2

 

 

すっきりとした印象で、彫りの質感もよく、いろんなコーディネートに応用できそう!

(あとマレーシアにも合う 笑)

 

これは私もぜひ取り入れたいなぁと思います。

 

ちなみに上の写真のレモンチキンソテーや、目玉焼きの乗ったエスニックどんぶりは、私が作らせて

いただきました♪

 

チキンサテ

 

他にもこちらのサテやこれ以外ページの料理も、文香さんのイメージ画を元にして、味付けはほぼおまかせで

OKとのことだったので(料理のレシピは載らない本なので)、お仕事ですが、すごく楽しく料理させて

もらってしまいました〜。

 

どのページも本当に全部魅力的で、欲しくなる豆皿ばかり(ある意味危険)。。。

 

 

上のアルミ皿の他にも、私は文香さんのコーディネートの柄使いが普段から大好きなので、

 

このページや、

柄のうつわ使い1

 

 

このページは個人的ツボ、見ているだけでも楽しめます♡

柄のうつわ使い2

 

柄のものって少し入れるだけでぐっとテーブルの雰囲気が変わるのでいいですよね。

上の写真でいうと、主役は豆皿なので本当はディップの入った豆皿がメインなのですが、下の柄の大皿との

色のバランスが好きです。

 

そう、豆皿以外の部分でも楽しめるポイントがたくさん詰まった本なのです!

 

撮影時はキッチンにいたので全コーディネートを見れていなかったのですが、ゆっくり出来上がった

本を見ているとこんなページになったんだ〜、と2度楽しんでいます。

 

こちらもすごく好きなページ♡

ガラス豆皿

 

トレーの質感と甘すぎないレース、フランスブロカントのガラスにガスパチョ。

もうこのまま欲しいくらいです(笑)。

 

全ページ紹介したいくらい、文香さんのセンスが詰まった1冊であることは間違いありません!

 

 

文香さんのうつわの著書本はこれが2冊目。

実は4年前にあった1冊目の本の撮影の際も少しだけお手伝いさせていただきました。

でもその当時はまだ撮影自体慣れていなくて、本当に1から教えてもらいながらの参加でした・・・。

そしてそれから4年。

その間、料理の仕事も撮影の仕事もいろいろとさせていただくようになり、今こうしてまた文香さんの本の

撮影に参加して、料理をつくらせてもらえることって幸せだなぁとひとり感慨深くなったのでした。。

 

日常のテーブルコーディネートが楽しくなる素敵な本ですので、ぜひ読んでみてください♪

 

 

 

 


Leave a Reply